読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナジロウと徒然暮らし

いろんなことを書き散らしていくアフィリエイト系雑記ブログです。

ペーパーフィルターで飲むおいしいコーヒーのススメ

今日はコーヒーの話をしようと思います。

「そのうちしようと思います」みたいなことを書き続けて1年以上経っちゃいましたね。いい加減この話題に切り込もうと思います。

 

いつかの記事でも書いたように基本的に僕はペーパーフィルターでコーヒーの飲む人間です。これがなかなかおいしくってですね。機会があれば是非皆さんにも試していただきたい。ということで、今日はフィルター式のコーヒーの飲み方をオススメしようと思います。

 

  • ペーパーフィルターって?

f:id:sinajirou:20170308050730j:image

さすがに愚問ですかね。読んで字のごとく、そのままですね。

こんな見た目をしているのですが、日常生活よりは理科の実験とかでの馴染みの方があるんじゃないかと思います。実際大体同じモノですしね。コーヒーは紅茶や緑茶と同じように熱湯で抽出する飲み物なのですが、その時間は茶葉に比べてだいぶ短いんですよね。このフィルターは実験のろ紙と違って初めから円錐状になっていて、そこに挽いた豆を入れ、上から熱湯を垂らします。コーヒーのフィルターと言えば基本的にこっちの方をよく見かけますよね。

f:id:sinajirou:20170308050817p:image

でも円錐型の方がおいしく淹れられるとかで、僕は最初の方を使ってます。探せば見つかることも多いのでちょっと探してみてください。

 

  • 豆が選べる

当たり前ですけど、自分で豆を買ってきて淹れます。

sinajirou.hatenablog.com

この記事でも書いたように、買ったコーヒー豆を粉状にしてから淹れるんですね。それに僕はコーヒーミルを使っているのですが、大体のお店では買ったその場で豆を挽いてもらえるので一声かければ大丈夫。スーパーなんかだと挽かれた状態で売られていたりもしますね。

で、この買う豆の種類がまた沢山あるんですよ。産地別からブレンドの種類に煎りの深さまでもう沢山。だからおそらく自分に合った種類の豆が見つかると思います。単純にイロイロ飲み比べてみても結構味の違いがあって面白いです。でも沢山あってもどれを選べばいいかわからないですよね。そういう時のわかりやすい基準としては煎りの深さが挙げられると思います。

茶葉もそうですけど、コーヒー豆も取れたものに加工を施すんですよね。炭火焙煎なんてよく見ますけど、「焙煎」という工程を挟みます。これをどんな具合でやるかによって味に大きく違いが出るんですね。基本的にはこれが深ければ深いほどクセというか味が強くてですね、ブラックで飲むにはキツイ味になるわけです。煎りが浅いほど飲みやすいといえばそうなんですが、ミルクを多めに入れて飲みたい人なんかだと、煎りが浅い豆じゃあミルクが勝ってしまいますから、逆に深めを選んだりもするようですね。ちなみに僕は真ん中よりちょっと深めが好きですね。

 

  • インスタントより断然おいしい。

沢山選べるのも魅力なんですけど、一番はこれに尽きます。おいしいです、ただ、おいしいです。一回やりだすともうインスタントには戻れないです。

そういえばさらっと書き忘れてたんですけど、ろ紙を使うためのロウトが要るようにコーヒーにもフィルターを入れるためのドリッパーが要るんですね。

f:id:sinajirou:20170308050847j:image

僕が使っているのはこういうのなんですけど、他にマグカップの上に乗せるタイプのやつがあってですね、そっちの方が手軽なんじゃないかと思います。いっぱい飲むぜという方は僕と同じのでもいいですね。

これですね。僕は円錐型のフィルターを勧めるのでこれは両方ともそれに対応したものですけど、そうじゃないタイプも普通に売ってます。

  • 最後に

かなりの長さになりましたね(--;)

「この記事きっかけでコーヒーを飲むようになった!」なんて人がいれば光栄の至りです。最近はスターバックスなんかでも豆が売ってるので、そこで買ってもいいですよね。なんでもコーヒーを扱うイベントなんかもやっているとか。店員さんが親切に教えてくれるので、そこで聞いてしまうのが一番手っ取り早い方法かもしれません。

なんかスタバの回し者っぽくなりましたが、最終的にはおいしくコーヒーが飲めればそれでいーのです(笑)

では、良い春の日をお過ごしください。