読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナジロウと徒然暮らし

いろんなことを書き散らしていくアフィリエイト系雑記ブログです。

コーヒーミルと愛すべき手間

そうえば台風ラッシュですよね。

秋はもうすぐそこ。結局映画観れなかったなぁー。観に行こうとしないと行かないよね、映画って。僕なんか別に観たい作品があるわけでもないから尚更行かないよね。みんなはたまには観に行ったらいいんじゃないかな、映画。なんでもないような休みの日に思い出したかのように映画館に足を運ぶくらいのユトリがあると、毎日結構楽しくなると思うんだ、僕。

 

それはそれとして。

もうすぐホットコーヒーの季節がやってきますですよ。今日は話がころころ変わるけど、コーヒーミルというヤツの良さを語りたいなと思います。別に優れものってわけではないんですけどね。良いヤツなんですよ。では、お付き合いください。

 

コーヒーミルとは?

f:id:sinajirou:20160921061207j:plain

そもそもコーヒーミルって何だか知ってます?コーヒーカップに砂糖と一緒に出てくるミルクの正式名称とかじゃないんですよ?画像のヤツがそれですね。見たことあるって人が結構いるんじゃないでしょうか。インスタントや缶コーヒーの方を日常的に飲む人には印象が薄いかもしれないですが、コーヒーは紅茶や緑茶と同じように熱湯で抽出して飲むモノなんですよね。で、コーヒーは当然コーヒー豆から取るんですけど、豆をそのまま熱湯に入れるわけではなく、一度茶葉のように粉々にしてから抽出するんですね。コーヒーミルとはその豆を粉々にするための道具というわけです。最近じゃこんなのの方がよく見ますね。

f:id:sinajirou:20160921061820j:plain

使い方

上からコーヒー豆を入れてレバー(?)を回すだけ。ゴリゴリした音と一緒に良い香りが漂ってきて喫茶店気分になれるよ。最近だとコーヒーメーカーを置く家なんかも増えてきてるけど、コーヒーメーカーはこれを全自動でやってくれるどころか、お湯を入れて抽出するところまでやってくれる。かなり楽。だからこれ実はコーヒーメーカーがあればいらないモノだったりする。まあでも、なんでも全自動にすればいいってもんじゃなくって、あえてこうやって手動でやるところが粋なんじゃないかと僕個人的には思ってるんです。コーヒーメーカーより格段に安いですしね。手軽に挽きたての豆でコーヒーを楽しめるという意味じゃ結構良いかと思われます。

豆だけに豆知識

白い目で見ないで。

コーヒー豆って放置しとくとだんだん味が落ちていくんですよ。「酸化」っていうんですけど、化学とかで聞く意味であってます。空気中の酸素に触れ、化学変化が起きて味が変わっちゃうわけですね。これ、挽いた状態の豆の方が酸化しやすいそうなんですよ。まあ粉状の方が空気に触れる面積が多いから当たり前といえば当たり前なんですかね。だから、淹れる直前に挽いた方が比較的長く、よりおいしいコーヒーが飲めるわけですね。

ということで

今気付いたんですけど、これドリップ式かサイフォン式でコーヒーを飲むのを前提にした話だったんですよね(--;)失策じゃったぁ・・・・。茶葉もそうなんですけど、実はコーヒーもさらさらに挽かれた状態でスーパーに並んでるんですよ。で、茶葉と同じようにビンとか缶で密閉して保管するというのが普通なんですけど、まあこの話はまた今度しようと思います。コーヒーミルいいよコーヒーミル。雰囲気とか出るし。正直面倒なんですけど、その手間を愛せる人にはオススメしたいですね。