読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナジロウと徒然暮らし

いろんなことを書き散らしていくアフィリエイト系雑記ブログです。

予定に振り回されないために僕は5分前後コーヒーを飲む

最近何かと立て込んでるんですよね。

 

まあ3月下旬のこの時期。何かとゴタゴタするのも当然ですけど、こういう時こそ自分を見失わないようにしたいものですよね。忙しい中でもどうにかこうにか予定を整理して、明日の準備をしてって毎晩やっていたはずなのに、気がついたら目の前の出来事に追われていて。終わって帰って電池切れ。で、明日何するんだっけ?

 

みたいなヤツ。

最近の僕がこれです。どうしてもこうなっちゃいますよね。時間に余裕が欲しいのもそうなんですが、ただ予定をこなすだけの1日に甘んじてしまっているのが個人的にいただけないのですよ。予定に振り回されている。これじゃいかんのです。

「能動的でも受動的でも結局こなしていることが一緒だったら、何も変わらないじゃないか」なんて意見もわかりますが、これが案外違ってくるんですよね。もちろん能動的に取り組んだ方が仕事のデキが良いのですが、それだけじゃないと僕は思っていて。つまり何が違ってくるって、心の準備ができるようになるのです。これがとっても重要。

ただその日の予定を確認して片端から実行に移していくだけでも、今日は乗り切れます。でも、それだけじゃあ明日への活力が湧いてこないんですよね。(「明日への活力」ってなんかあんまり好きじゃない表現ですね。なんか意識高い。) なんていったらいいんですかね、「明日を迎える準備」というかなんというか。まあつまりモチベーションです。気力がもたないじゃないですか。

 

今は何月のどういう時期で、だから今はみんなでこんなことしている。それで僕はみんなの中じゃこういう立ち位置にいるからこういうことをやらなきゃならない。それに対して僕はこんな意識を持っていて、どうしたいと思っている。

 

「明日は何しなきゃいけない」のバックグラウンドにあるありったけの僕たちの事情。ここにしっかり整理をつけて納得しておかないと、そのうち飛び交う「やること」にちゃんと意味を見出せなくなってしまう。漠然とした違和感を抱えながらもとりあえず受け入れる日々になってしまう。そんな1日はちょっとツライですよね。だから自分の立ち位置を、僕が今立っている状況を確認する時間を取って、イチイチ納得していくわけです。

でも、そのための時間を取るのが本当に難しい。どうしてもその5分前後が勿体無くなってします。こんな時期には特にです。本当は日々の用事と同じかそれ以上に大切な作業なはずなのに、一杯のコーヒーを淹れてホッと一息つくだけのことが、どうしてこんなにできないんでしょうね?

 

 

夜中に食べるカップ麺なんて何だっておいしいよね。

f:id:sinajirou:20170317053454j:image

こんな時間からこんなののっけちゃってすいませんね。僕は基本的に王道志向でして、「期間限定」とか「新商品」とか、そういう謳い文句はことごとくスルーする人なんですが、こないだのスーパーで売っていたこれに珍しく目が留まったので、ついでに記事にしようと思う。

ちなみに今回はだいぶ短いです。まあお湯入れて待つだけだしね。そういえばこれはできあがりまで5分かかるタイプのカップ麺みたいですね。間違えて3分でお湯抜かないようにね。固麺派の人は良いけどね。

とか言ってる間に5分経ちました。ハイこんな感じ。

f:id:sinajirou:20170317053459j:image

割と良さげな感じですね。カップ麺のうどんと言えばやっぱり「どん兵衛」とか「緑のたぬき」が思い浮かぶけど果たしてどんななのか。ソースかけてあえるとこんな感じ。f:id:sinajirou:20170317053501j:image

流れでかけちゃったけどマヨネーズ付いてるんだね。焼きうどんだし、だし醤油なんだけど。一平ちゃんのトレードマークってヤツかな。あとふりかけをかけた時に香る鰹節の匂いがそそります。普段はかけない人も試してみて。

 

味、おいしかったです。夜中に食べたので背徳感も相まっておいしさ割り増し。もいっこ別の味もあったので、そっちも試してみたいな。みんなもスーパーで探してみてね。探して見つからなかったらここに12個セットのリンクを貼っておくから買ってみてね。ファミリーパックだよ。

 

P.S タイトルで「何だって」とは書いたけど、僕はショートケーキ味もチョコレート味も怖くて手が出せなかったです。

 

やっと本を読む時間ができたけど相変わらず同じ本を読もうとしてる話

どーも、ちょっと間が空きましたね。

この頃は大体週一更新を目指しているんですが、書く内容が多かったりなんだりといろいろ更新が重なってました。なんか普段のペースに戻っただけなのに、久々な感じがしてしまいますよね。

 

さて、僕といえばずいぶんと前から「本を読む時間が無い本を読む時間が無い」と本に関係する記事を書こうとするたびに呟いたりしていたのですが、このたびやっと読む時間を割けるようになりまして。本棚の手前に積み重なり新品のまま古びた文庫本を猛烈な勢いで消化してやろうと意気込んでみたのですが、せっかく時間があるんだから今一度自分の読書史を振り返ってみようということで、いわゆる「再読」ということをやってみてるんですよね。

読書人ならわかると思うのですが一言に「本を読む」といっても、いろいろ読み方があるんです。

たとえば僕なら大抵の本は一回読んだらそれっきりになることが多いです。「これは好きな作品だ」ととっておいても滅多に読み返すことはないです。さっさと売っちまえってね。そのかわりというのもちょっと変なんですけど、人より読むのに時間がかかるんですよね。速読というモノができない。太く短くみたいな。

かと思えば好きな作品は何度だって読み直す人もいますし、「本は2回読まないと読んだ気にならない」なんて人もいます。人それぞれです。

まあそんな読み直さない僕ですから、これを機に好きな作品を今一度読み返してみたら面白いんじゃないかなと思ったわけです。というわけで僕の再読書を二つ。

 

4月から映画が公開される話題作。作品自体はずいぶん前に出ていたはずなんだけどいつだったっけ。このサイトでもちらっと紹介しました僕が森見登美彦作品にハマるきっかけになった本の一冊です。ストーリーはもちろんですがとにかく舞台である京都の街が魅力的に描かれている、読むと京都に行きたくなる一冊。日本の誇る観光都市である京都のほとんど観光とは関係ない場所で奔走する登場人物たちに「何それ面白そう僕も混ぜて」ってなる。たぶん読み終わる頃には新幹線の切符買ってるんじゃないかと思われます。

 

  • 「放課後の音符」

これも何度か紹介してるんじゃないでしょうか。本とこのサイトで紹介する本は作者が偏ってますね(--;) ここ最近の僕の読書の傾向の始まりである一冊です。実は始めて読んだのが小学生の頃だったのですが、2年くらい前に急に「あの時読んだあれはなんだっただろう」と思い掘り出したのがこれ。えらく大人びたのを読んでましたね。きっと半分くらいは意味分からないまま読んでたんじゃないかと思います。小学生ですし。ちょくちょく「山田詠美が好き」なんてことをのたまう僕ですが、始めてその名前を認識したのがこの作品でした。そういえば受験の時にも見かけてたんですけどね。

 

そんなわけで結局積まれた本たちは片付きそうにないですね。いろんな作品を読んでみたいとは思っているのですがどうしても偏ってしまっていかんです。現状を打破しなくては。またなんか読んだらここで紹介したいと思います。

 

ペーパーフィルターで飲むおいしいコーヒーのススメ

今日はコーヒーの話をしようと思います。

「そのうちしようと思います」みたいなことを書き続けて1年以上経っちゃいましたね。いい加減この話題に切り込もうと思います。

 

いつかの記事でも書いたように基本的に僕はペーパーフィルターでコーヒーの飲む人間です。これがなかなかおいしくってですね。機会があれば是非皆さんにも試していただきたい。ということで、今日はフィルター式のコーヒーの飲み方をオススメしようと思います。

 

  • ペーパーフィルターって?

f:id:sinajirou:20170308050730j:image

さすがに愚問ですかね。読んで字のごとく、そのままですね。

こんな見た目をしているのですが、日常生活よりは理科の実験とかでの馴染みの方があるんじゃないかと思います。実際大体同じモノですしね。コーヒーは紅茶や緑茶と同じように熱湯で抽出する飲み物なのですが、その時間は茶葉に比べてだいぶ短いんですよね。このフィルターは実験のろ紙と違って初めから円錐状になっていて、そこに挽いた豆を入れ、上から熱湯を垂らします。コーヒーのフィルターと言えば基本的にこっちの方をよく見かけますよね。

f:id:sinajirou:20170308050817p:image

でも円錐型の方がおいしく淹れられるとかで、僕は最初の方を使ってます。探せば見つかることも多いのでちょっと探してみてください。

 

  • 豆が選べる

当たり前ですけど、自分で豆を買ってきて淹れます。

sinajirou.hatenablog.com

この記事でも書いたように、買ったコーヒー豆を粉状にしてから淹れるんですね。それに僕はコーヒーミルを使っているのですが、大体のお店では買ったその場で豆を挽いてもらえるので一声かければ大丈夫。スーパーなんかだと挽かれた状態で売られていたりもしますね。

で、この買う豆の種類がまた沢山あるんですよ。産地別からブレンドの種類に煎りの深さまでもう沢山。だからおそらく自分に合った種類の豆が見つかると思います。単純にイロイロ飲み比べてみても結構味の違いがあって面白いです。でも沢山あってもどれを選べばいいかわからないですよね。そういう時のわかりやすい基準としては煎りの深さが挙げられると思います。

茶葉もそうですけど、コーヒー豆も取れたものに加工を施すんですよね。炭火焙煎なんてよく見ますけど、「焙煎」という工程を挟みます。これをどんな具合でやるかによって味に大きく違いが出るんですね。基本的にはこれが深ければ深いほどクセというか味が強くてですね、ブラックで飲むにはキツイ味になるわけです。煎りが浅いほど飲みやすいといえばそうなんですが、ミルクを多めに入れて飲みたい人なんかだと、煎りが浅い豆じゃあミルクが勝ってしまいますから、逆に深めを選んだりもするようですね。ちなみに僕は真ん中よりちょっと深めが好きですね。

 

  • インスタントより断然おいしい。

沢山選べるのも魅力なんですけど、一番はこれに尽きます。おいしいです、ただ、おいしいです。一回やりだすともうインスタントには戻れないです。

そういえばさらっと書き忘れてたんですけど、ろ紙を使うためのロウトが要るようにコーヒーにもフィルターを入れるためのドリッパーが要るんですね。

f:id:sinajirou:20170308050847j:image

僕が使っているのはこういうのなんですけど、他にマグカップの上に乗せるタイプのやつがあってですね、そっちの方が手軽なんじゃないかと思います。いっぱい飲むぜという方は僕と同じのでもいいですね。

これですね。僕は円錐型のフィルターを勧めるのでこれは両方ともそれに対応したものですけど、そうじゃないタイプも普通に売ってます。

  • 最後に

かなりの長さになりましたね(--;)

「この記事きっかけでコーヒーを飲むようになった!」なんて人がいれば光栄の至りです。最近はスターバックスなんかでも豆が売ってるので、そこで買ってもいいですよね。なんでもコーヒーを扱うイベントなんかもやっているとか。店員さんが親切に教えてくれるので、そこで聞いてしまうのが一番手っ取り早い方法かもしれません。

なんかスタバの回し者っぽくなりましたが、最終的にはおいしくコーヒーが飲めればそれでいーのです(笑)

では、良い春の日をお過ごしください。

僕は自分にもみんなにも嘘をつきながら生きている

なんか、ちょっとウンザリしますね。

 

僕は基本的に自分を責めるタチでして。冷静になって状況を見直してみると明らかに悪いのは僕じゃなかったとしても、改善点を自分に見出そうとする。まあ、その方がわざわざ誰かを責めて立てるより遥かに建設的であるという自身の価値観のもとそういう考え方が身についてしまっているわけです。それすなわち「誰かに期待などしない」という意味でもあるので、ある意味じゃとっても虚しい価値観でもあるんですけどね。

 

そう、虚しい。

僕が僕自身に憤りじみた感情を抱く時は、この虚しさが一枚噛んでることが多いです。円滑な人間関係の為に人を見限っている節が僕にはある。こんなの本末転倒です。これじゃあそもそも関係も何も無い。でも、これをやってるからできることが僕には沢山あるわけで。そんな自分に酔っていた時期も含めてこんな風にできあがってしまってるんですよね。なかなか今からやり直すって難しいです。今路線転換をしたら僕はきっと今以上にメンドクサイ人間になるでしょう。そう思うとなかなかね。ま、これは甘えですけど。

そんな僕でも自分に渇を入れたくなったりもするわけで、そんな時、僕は思うわけです。「これでいいのかよ」って。

状況を甘んじて受け入れてニコニコ。内心自分を納得させるための損得勘定行って。最終的には誰かに寄り添うこともできないまま。これが良いわけないだろ。

と、薄っぺらく思うわけです。なぜこの感情が薄っぺらいかって、このやり方が良いって僕自身が一番思ってるのがわかってるんですから。その葛藤すら芝居がかってて滑稽です。嫌なら素直に嫌な顔して面と向かって恨み言でも言えばいい。波風は立ってもそっちの方がよっぽど人間関係として健全だ。でも僕は自分の中で帳尻合わせして、あまつさえその感情を利用しようとさえする始末。いやらしい。

 

わかってやってても、こうして露呈するとやっぱり自己嫌悪に陥りますね。

僕は、何したいんですかね。

僕のカラオケにおける外向けと内向けの十八番

3月になりましたね。

卒業シーズン真っ只中です。だんだん暖かさが感じられるようになった陽射しと、まだ冬の気配が残る肌寒い空気が混在する午前中の感じが、なんだか不思議な気持ちにさせられますね。

さて、今週のお題ですが「カラオケの十八番」とのことです。久々にお題に沿って書こうかなと思ったらお題の内容が変わってたでござる。まあでも卒業といえば送別会ですから、必然カラオケに行く機会も多いんじゃないかと思います。ちなみに僕は全く関係の無いところで二回行きました。どうしよ、今日書けるのかな。

 

まあまあ、カラオケに絞って話をすれば、最近はやっぱり星野源さんの曲を多く歌うようになりました。去年は逃げ恥の大ヒットで知名度もうなぎ上りでしたからね。みんな知ってるのでハズレはないなーなんて感じでだんだん頻度が増えてった感じです。まあだからといって「恋」はあんまり歌わないんですけどね。一番歌ったのは「夢の外へ」と「化物」じゃないでしょうか。最近は「crazy crazy」も好きですけど、なかなか歌えてませんね。良い曲なんで良かったらどうぞ。


星野 源 - Crazy Crazy/桜の森 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

 

で、僕の十八番はですね「エンヴィキャットウォーク」という曲です。

「あれ、星野源は?」と思った方、安心してください。あれも一応十八番です。ただし、職場の人とかクラスメートみたいな関係性の人と行った時のですけどね。実は僕、カラオケは基本的に1人で行くことが多いんですよね。高校生の頃とかは友達同士で行くことの方が多かったのですが、ある曲を練習しだしたことをきっかけにカラオケに1人で行くようになりました。僕をカラオケボックスに引きこもらせたきっかけ、それがこの曲です。「この曲を歌えるようになりたい」と思ったことがきっかけでした。

懐かしいですね。今ではそんなに歌わなくなってしまいましたが、それでもこの曲は原点にして頂点、やっぱり僕の十八番です。

今回はiPadからブログを更新してみたよ

先日知ったんですけど、はてなってスマホタブレットからも更新ができるようになってたんですね。

 

なんでもはてなブログのアプリがあるそうで、端末にインストールすればそこから更新ができるそうな。知るの遅すぎかよってね(ー ー;)

とはいえ、「ブログ = パソコン」なんて先入観を持った人は僕だけではないはず。というか、そうじゃなくっても文字を沢山打つような作業には基本的にキーボードの方が適しているワケで、だからブログの更新はパソコンでやっているという人の方が多いんじゃないかと思います。

余談ですけど、ブログをスマホから見るって人ってどれくらいいるんですかね。僕は自分のサイトの更新ついでに他のブログを見て回ることがほとんどなので、大体がパソコンからなんですけど、そうじゃない人ってどうやってブログを読むんでしょう?というかイマドキブログを読む人がまずどれくらいいるかって話ですよね。

まあまあ、でもあるからには使ってみようということで、今回は普段はニコ動とツイッターを見るくらいにしか使われていない僕のiPadから更新しています。いつかの記事でも紹介したiPadです。

機種変とタブレット - シナジロウと徒然暮らし

買ったのが大体2年前になるということでそろそろ買い替え時だったりするのかななんて気もしますが、今のところは問題無く動いてくれているので、もうしばらくは使っていくつもりです。

 

さて、さっそくここまで書いてみての感想ですが、まずブログの挿入が上の形でしかできないみたいです。もっというと、そのリンクを貼るために1回safariでブログを表示して、そこからURLをコピーしてこないといけないのが若干面倒ですね。まあ今回初めて使ったので、これは他に方法があるかもしれないです。

一方で、写真の挿入に関しては1つの端末の中で成立するので、イチイチデータを移す必要がなくてこの点はとっても便利だなと思います。特に僕みたいに面倒くさがって写真をあまり貼らないような人には良いと思います。編集データは同期されるようなので、文字だけパソコンで打って写真の張り付けはスマホで済ませるなんて事が可能になるのは本当に助かる話です。

あとこれはどうしようもないのですが、どうしてもタイプミスが増えますね(ー ー;)  普段こういうことはパソコンでやっているという人程これは多いと思われます。一応iPadはキーボード入力ができるのですが、押した手応えがあるわけではないので、なーんか感覚が狂うんですよねー。でもこれは慣れるしかないですね。

 

とまあこんな感じの事を思いましたとさ。

基本的にキーボードの方に馴染みがある僕にはやはりメインの更新ツールにはならなさそうです。しかし、選択肢が増えるというのはとりあえず喜ばしいことでして、きっとアシスト的な形で今後使っていくことにはなるんだろうなと思います。例えば、実際にやるかはわからないですけど、旅先での更新なんかには良いですよね。重たいノートパソコンを更新の為だけに持っていくのはちょっと嫌です。とはいえ新鮮な気持ちのままで書けたらそれが1番いいわけで、そんな時とかに。

あと単純に撮った画像をそのまま張り付けられるのは本当に助かります。本当に便利。

 

実用性はあるんじゃないかなと思いました。他のブロガーさんも端末の容量に余裕があれば、1度お試しあれ。